失恋で立ち直る方法ってあるの? 年齢を重ねてきた私が断言する!

      2017/11/28




失恋したら、立ち直る方法ってあるのか?

結論から言う!

そんなもの無い!

こんなこと言っちゃ身も蓋もないのですが、

私も何十回と失恋してますが、そんなもの無い!

片思いして、相手に好きな気持ち伝えて振られたり、

お付き合いしてる相手から、好きな人ができたと振られたり、

失恋の形も様々ですが、好きな人をあきらめなくてはならない状況は、ほんと辛いですよね。

今、私は50代ですが、若いころの失恋と、年齢を重ね、失恋をたくさん経験してからの失恋、

どちらも辛いです。

失恋の回数が増えると、免疫ができるわけでは無い!

 

何歳になっても辛いものは辛い!

 

年齢重ねてからの失恋のほうが辛いかもしれない。

若いころはどうやって失恋を乗り越えてきたんだろうかと、思い出してみることもあるが、

「これだっ!」

ってものは無いね。

何度も言うが、

失恋で痛めた心を癒す特効薬はないよ。残念だが。

でもね、ちょっと心が楽になる考え方ってのがあるんだ。

私が経験してきた中で、こうやって考えると気持ちが多少楽になるなってね。

それを紹介しますね。

まずは、順を追って書いていきますね。

 

私は失恋するといつもこういう状態になる

 

私が失恋すると、たいていこんなパターンになる。

  • 忘れよう忘れようとするが、かえって相手の事を考えてしまい、こりゃまずいと思い、また、忘れよう忘れようとする。これの堂々巡りをしてしまう。
  • 趣味に没頭しようとするが、まったく手につかず。
  • 音楽を聴いて気を紛らわそうとするが、相手との思い出の曲を思い出してしまい落ち込む。
  • 本でも読んで紛らわそうとするが、本の中に出てくる言葉から、仲良かったころの二人の会話の内容がよぎり落ち込む。
  • 新しい出会いを求め、出かけるが、行く先々で相手の面影を追いかけてしまう。

失恋したら大体こんなパターンかな。



失恋した際の、自分でも嫌になる考え

失恋した相手の幸せを願おうと、表面的には言っているが、

ホントは、

相手にいい出会いがなければいいのにとか、このまま相手に出会いがなくて、自分にふりむいてくれないかなって

訳の分からない理論を展開してしまう。

まったくこう考える自分が嫌になる。

とっととあきらめて、相手の幸せを祈れない自分がホント嫌だ!

 

結局、失恋したらどう自分と向き合えばいいんだよ——っ!

 

忘れることをあきらめちゃえばいいじゃん!!

 

だってさ失恋する前までは、相手の事を四六時中考えていたわけでしょ。

それを急に忘れられるわけないでしょ。

忘れよう忘れようとすること自体が無理な行為。

できっこない!

だからね、

忘れようとすることをやめた。

そしてね、考え方を少し変えた。

それは、

振り向いてもらえなかったけど,

相手を、好きであったことを後悔せず、幸せであったと。

こうやって思うようにして、少し気持ちが楽になった。

多少だけどね。

 

後は時間薬

忘れるのに必要な時間は、

好きであった期間や、付き合っていた期間の一割の時間を要するんだそうです。

3年付き合ってた場合は 忘れるのに三か月必要だそうです。

私は一割の期間ではとても忘れられないな。

二割くらい時間が必要かな。

人により、忘れられる期間が一割で済む人、二割かかる人、それぞれだと思うが、

とりあえずその期間はぐっと我慢する。

その期間が済むまでは、無理に忘れようとせずに、思い出したり、ふさぎ込んだりしてもいいと開き直ったほうが心が楽になるよ。

その期間が過ぎたころ、きっと気持ちに変化が表れてると思うよ。きっとね。

思い出す頻度がきっと減ってると思うよ。

だからそこまで頑張ってみる!

 

ホントに吹っ切れるのは?

その人を,ほんとにいい思い出にできるのは、新たに好きな人が現れることだと思う。

だから、もし少しでも元気が出てきたら、外に出かけるようにして、新しい風に当たるほうがいいね。

一つの恋が終わった後って、いい出会いがあるっていうからね。

 

 

私の失恋したとき、こうすれば少し気持ちが楽になったよって内容を書いてみました。

これを読まれた方が、失恋から少しでも早く立ち直る手助けになれば幸いです。

 

 

最後に、

哲学者の言葉・・・染みます。

失恋した女の子が公園で泣いていました。

理由を一人の哲学者が知って、慰めることはせずに笑って言った。

「君は自分を愛してくれない人を、失ったにすぎない。

しかし彼は、自分を愛してくれる人を失ったのだ。

君は何を苦しまねばならないのか?

本当につらいのは彼の方なのだ。」

 

 

The following two tabs change content below.

まーちゃん masa

岐阜在住のバツイチ、転職5回、人生後半戦の人生経験豊富なブロガーです。 自分が経験した中で感じたことや考えたことで、お役に立ちそうな記事を執筆していこうと思ってます。 twitterのフォローもお願いいたします。

 - 恋愛